青汁モンゴル

Read Article

青汁と葉酸の幸せな関係

葉酸が豊富に含まれている小松菜

ビタミンMプテロイルグルタミン酸などと呼ばれる葉酸は、実はビタミンB郡の一種でれっきとした必須栄養素なんじゃぞ。妊娠中の妊婦さんなどで食品の葉酸値を気にしておる皆の衆は多いのではないじゃろうか?青汁は葉酸を補うのにピッタリの健康補助食品じゃから、今回は葉酸についてとりあげるとするんじゃ。

葉酸

葉酸の役割

葉酸の働きは血液や細胞、タンパク質などヒトの体に必要不可欠な要素を合成するのをお手伝いすること。ビタミンB12と似ているな。

なぜ妊娠前や妊娠中に葉酸を多く摂るように言われているかというと、理由は単純。お腹の中の赤ちゃんが細胞や血液を創りだすのに大量の葉酸が消費されるからなんじゃな。

葉酸を多く含む食品は?

名前から想像つくと思うんじゃが、葉酸は葉っぱがついておる野菜に多く含まれておる。例えば小松菜やほうれん草が代表格じゃな。青汁の原材料にはこれらの野菜よりさらに栄養価が高い(けどそのままじゃと食べにくい)緑黄色野菜を使っておるから、自然由来の葉酸を補うのにうってつけなんじゃ。

葉酸の必要摂取量

平均的な日本人の推奨摂取量は男性・女性共に240μg


「μg」(マイクログラム)というのは「mg」(ミリグラム)のさらに1000分の1で、百万分の一こと!!必要な量がこんなに少しじゃから小松菜やほうれん草のおひたしなら50g(小鉢1皿分)で十分取り込むことができてしまう。普通の食生活をしておれば葉酸不足を気にする必要はまず無いはずなんじゃ。

しかし妊婦さんだけは話が違うから注意が必要じゃぞ!妊娠直前や妊娠中は通常の2倍の葉酸を摂取することがアメリカの研究で指摘されており、厚生労働省からも推奨されておる。
母体に葉酸の欠乏がみられるとダウン症や神経管閉鎖症など新生児の先天的な障害のリスクが高まると言われておるから、胎児のカラダの分までお母さんががんばらなければならないんじゃよね。

葉酸と青汁の関係

青汁の原材料である大麦若葉明日葉(あしたば)ケールはぜーんぶ緑の葉っぱですくすく育つ、いわば小松菜やほうれん草の強化版。特に妊娠初期は毎日調理をするのも大変じゃろうから、手軽に葉酸や鉄分を補給できる青汁はかなりおすすめできる。
つわりがひどい場合は出来る限りクセの無いものが良いじゃろうから、神仙桑抹茶ゴールドのようにお茶感覚で飲みやすいものを選ぶとよいじゃろう。

妊娠中に青汁を飲んでも問題ないことはどこのメーカーも公式に伝えておる(むしろ妊婦さんにおすすめしているぞ)から安心してくれなんじゃ。元気なお子さんが産まれることを願っておるぞ。

わしの存在を世界にしらしめるんじゃ!

おぬしの意見も募集しておるぞ。

*
*
* (公開されません)

Return Top